他にもこんなSNSがある

人気のSNSサイトといえばインスタグラムやFacebook、Twitterがあります。
それぞれかなり有名なサイトなので多くの利用者がいるのも特徴と言えるでしょう。
国内で利用できるSNSサイトには他にもLINEと呼ばれる物があるので知っておくといいでしょう。

LINEは単純なコミュニケーションツールとして多くの方がスマートフォンにインストールしています。
メリットはグループで会話できるところにあるので、気の合う仲間たちで楽しみたいときに使える部分です。
ネット上で会話するサービスなのでSNSサイトのようにタイムラインで投稿可能なのが魅力と言えます。
友達とゲームをして楽しめるツールも用意されているのでSNSとしての条件を満たしているのが特徴です。

YouTubeもトレンドのSNSサイトとして挙げられます。
こちらは投稿者が動画を投稿して、その動画を観た方たちがコメントをするサイトです。
利用者同士で会話することも可能なのでちょっと変わったSNSサイトとして注目と言えるでしょう。
ちなみにYouTubeは国内だけでなく国外でも利用できるので世界中の方が使っています。
中には外国人と日本人がコメントをする動画もあるくらいです。
スマートフォンで動画撮影をして投稿すれば多くの方に注目されます。
コミュニケーションツールとしてだけでなく自分をアピールする場としても使えるので必見です。

2011年に登場した有名なSNSといえば、国外にあるGoogle+と言えるでしょう。
こちらはトレンドの会社Googleが提供するサービスで、国内外で注目を集めています。
Andoriod端末の成熟した現在、頻繁に利用されているサイトとなっています。
Googleアカウントをそのまま利用できるので他社サイトのように新規アカウントを作成する必要もないです。
コレクションと呼ばれる機能が登場し、特定のものを集約できる様になりました。
例えば街の写真だけコレクションして公開する事が可能です。
アルバムを閲覧した方がフォローできるのも魅力的といえます。
スマートフォンで撮影した写真はGoogleフォトと同期してクラウドに保存されるのも良い部分です。
動画は15分未満なら無制限でアップロードできます。
編集機能も初心者が利用してわかりやすいため幅広い方に対応できるのがポイントです。
各SNSサイトには、独自の個性があるので使い分けてみるといいでしょう。

関連記事